うまいっしょ甲子園 全国高校生料理選手権2022 うまいっしょ甲子園 全国高校生料理選手権2022

応募資格・応募規定

応募資格

  • 国内の高等学校に所属する同一高等学校生徒2名1チームでの応募であること。
  • 応募校に勤務する教員もしくは職員1名が大会に引率できること
  • 本選に参加し、調理・プレゼンテーションができること。および本選の翌日の研修会に参加できること。
  • 各学校からの応募チーム数は3チームまでといたします。

応募規定

募集テーマ

社会問題や地域の課題を美味しく解決!!

秋に食べたいランチメニュー

  • 食品ロスや食べられずに捨てられる食材や食材の端材を1つ以上使用してください。
  • 1品は地元食材を1つ以上使用しご自身の地域の課題解決やPRにつながる料理としてください。
  • 1品は汁物としてください。※汁のある麺料理は汁物とみなします
  • 基本は3品としますが、3品よりも多くの料理をご用意いただくことは自由です。
  • 主食の種類は自由です。

【その他のルール】

①指定食材以外は指定原価の範囲内で自由にお使いください。
②和洋中など料理のジャンルは問いません。
③必ず高校生ならではの新しい調理方法や味付けなどを考案し取り入れてください。
④1人前の原価は900円以内、売価2,500円にふさわしい内容とすること(税込)。※原価を安く抑える必要はありません。
⑤本選で使用するトレーサイズ(約480㎜×340㎜)におさめること。器は自由です。
⑥レシピの記載にあたっては、審査員が理解しやすいよう分かりやすく記載ください。
⑦素材から調理し、調理時間90分内で4人前を仕上げられるレシピとしてください。
⑧本選での調理は書類応募に記載した内容となります。原則、本選時に使用できる食材でご応募ください。ただし、試作等の都合で書類応募時と本選時で使用する材料が異なる場合は予めレシピ説明の箇所に変更する旨を必ず記載すること。記載なく本選で書類応募時と異なった食材を使用した場合は減点の対象となります。
⑨原則は素材から調理することですが、顆粒の使用を認めます。ただし、レシピに記載してください。
⑩麺類(生・乾燥・冷凍)の持ち込みを可とします。
⑪本選では次の出汁類は仕込み時間を要するため持ち込みを可とします。その他は調理時間におこなってください。【持込可・・・フォン・ド・ボー、フュメ・ド・ポワソン、鶏がらスープ、白湯】ただし、持ち込む場合は事前に申請およびレシピに記載してください。事前に申請のないものは使用できません。
⑫調理済み・半調理済みの市販の食品の持ち込みは認められません。ただし、法律上、生の状態では持ち込めない食材などについては、持ち込むための加工であれば認めます。不明な場合は個別に事務局へお問い合わせください。使用が認められた場合はレシピに記載ください。
⑬キャラクターをかたどったものとしないこと。また、応募作品は応募者自身が考案した未発表のもので第三者の権利を侵害するおそれがないこと。
⑭応募いただいたレシピ・写真の著作権、または映像・出版物への使用権が主催者である全国高校生食のコンクール実行委員会に所属することに同意できること。
⑮書類審査を経て本選に出場できるのは原則、得点順の上位8チームとなります。

応募方法

①所定の応募シートA~E(エクセルデータ)に必要事項を入力。
②エクセルデータおよびPDFデータに変換したもの(計2ファイル)を、運営事務局の下記メールアドレスに送信してください。

  • ファイル名は学校名+チーム名にしてください。
  • 応募にともなう諸経費は応募者で負担ください。
  • 送付データに不備がある場合、訂正を依頼する場合があります。余裕をもってご応募ください。
hba
SARAYA
全日本司厨士協会
日本中華
協賛
hba SARAYA 
南空知ふるさと市町村圏組合 日本調理機器株式会社
三笠市観光協会・三笠建設協会・三笠振興開発株式会社・三笠市商工会・電源開発(株)新桂沢水力建設所・電源開発(株)桂沢電力所
協力
北海道米販売拡大委員会、辻調理師専門学校
後援
北海道・北海道教育委員会・北海道新聞社・HBC北海道放送・STV札幌テレビ放送・HTB北海道テレビ放送・公益社団法人 日本料理研究会・公益社団法人 日本中国料理協会・北海道ぎょれん・大塚製薬株式会社・カゴメ株式会社・福山醸造株式会社・ベル食品株式会社・ポッカサッポロ北海道(株)・ニッポンハムグループ・北海道味の素株式会社(順不同)
主催
全国高校生食のコンクール実行委員会(一般社団法人 全日本司厨士協会 北海道地方本部・サッポロウエシマコーヒー株式会社・三笠市教育委員会)